東日本太平洋沖地震から6ヶ月

<黙禱>  早や6ヶ月が経った。付帯して生じた原発の事故もいまだ先が見えてこないし、津波による被災地の復興も政治に翻弄されて計画すら立てられない状況だ。被災者は誠にお気の毒だがそれほど事態は深刻だということだろう。

今日は昼から東大の弥生講堂で催された<東日本大震災:大学の責務と貢献を考える>と題したシンポジウムに参加してきた。旧7帝大を中心に11大学の中堅の文・理・工・医・経等の学者の 第一線の研究者からの発信 と題した講演と東・名・京の総長のパネル討議だったが、なかなか興味深い内容だった。

日本はこれを機会に原点-例えば66年前の敗戦時-に立ち返ってこれからの持続可能な進路を模索すべきではないかという意見が多かったように思った。地球規模でも然り、転換期に来ているとみている学者が多いようだ。

ソウルシーラホテル ( THE SHILLA ) に3泊します

   depuis  2001

Korea, Republic of Flag  明日からソウルに行ってきます。家族3人で韓国料理を満喫してきます。この時期恒例のシーラ (新羅) ホテル滞在です。東日本太平洋沖地震の際もいち早く安否確認の電話をしてくれたお友達がいるので心強いです。    着いたら直ぐにお気に入りの<カルグックス>を食べることにしよう。

***

26日はあいにく台風接近中とあって着陸できない場合は引き返すという条件付きの成田離陸となりましたが、実際は風もさほどではなく雨も降っていない涼しい仁川空港着でした。

 

THE SHILLA は韓洋折衷のモダンなホテルです。 敷地は広く迎賓館や四阿などがあり免税店、散策コースもあります。

 

 

 

日本の統治時代の朝鮮総督府の建物跡地で工事が始まっていました。総督府の建物は30年前には博物館として利用されていましたが、その存置には賛否があり当時既に取り壊すことが決まっていました。後方はソウル市庁舎になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

円形ロータリーの正面に THE PLAZA  があり部屋から眼下に大砲でもびくともしないだろうと思われるほどに重厚な旧総督府を眺めたものでした。

* * *

カルグックス は<明洞餃子> ビビンバ は<古宮>の石焼でないのがお薦め。

* * *

韓国ドラマ<H.I.T.-女性特別捜査官>は THE SHILLA を使っています。

緑のカーテン・・・ゴーヤ

   depuis  2001

今年もベランダに<ゴーヤ>を植えました。今年で何年目になるだろう?

近年エコ意識の高揚と共にゴーヤ人気が高まりつつありましたが、今年は3月11日に発生した<東日本太平洋沖大地震>に伴う原子力発電所の大事故による電力供給量の不足に対応するための節電対策の一つとして緑のカーテンとしてのゴーヤがこれまで以上に脚光を浴びています。一時は品薄状態の時期もあったほどでした。ゴーヤは縦にも横にも広がり一株当たりの遮光面積が大きいので、ベランダの温度低下にはことのほか都合がよい。そのうえ、果実を味わえる楽しみもあります。

* * *

すくすくと元気に成長しています。毎日多数の黄色い花が咲き、すでに結実しているものもあります。しかし、カーテンとしての役割を果たすにはまだまだです。 6月23日記す。

* * *

緑のカーテンらしくなってきました。11個のゴーヤも日ごと大きくなっています。 7月10日記。

* * *

パリへのお土産に大きく育ったもの3つを収穫しました。 7月12日早朝。

* * *

ここ数日の残暑の厳しさに息を吹き返したのか連日再び花を多数つけるようになりました。ゴーヤの収穫は9月の初めには終了し、一株で10個程度でした。 9月15日記。

* * *

1115台風はようやく北海道沖に去った。昨日昼過ぎからの東京接近時の風は猛烈だったが、ゴーヤは元気に生き延びた。ネットに這わせているのが幸いした。一斉収穫後につけた実も大丈夫で日ごと大きくなっている。 9月22日記。

* * *

気温が下がってきたためだろう、10数個のゴウヤの実がなかなか大きくならなくなった。それでも新しい芽には花を付けている。 10月16日。

* * *

水遣りを停止。小ぶりだが10個のゴーヤを収穫。ネットを外す。10月21日。

新宿箱根山被災

   depuis  2001

久しぶりの早朝散歩で箱根山に行ってきた。
都立戸山公園にある箱根山は標高 44.6m で山手線内で最も高い地点として知られている。
江戸時代に尾州徳川家の下屋敷のあったところで 44.8 ha の広さがあった。そのうち18.7 ha が公園として姿を変えているのだが当時の面影を残しているのはこの人造の築山<箱根山>だけだそうだ。
公園面積の大きさは新宿御苑の約三分の一、ヴァンセンヌの森の 1.8 %である。

このたびの東日本太平洋沖大地震で頂上に亀裂が入ったようで、立ち入り禁止となっているのには驚いた。
中央ハレーションを起こしているところが頂上。敷石に亀裂が生じたらしい。

ここ数日気温が低く特に早朝はすがすがしく散歩している人が多い。

余震続く

   depuis  2001

東北地方太平洋沖地震の余震活動はまだまだ続いでいます。

新宿区には百人町にも観測地点があります。

3月11日の本震で震度5弱を観測して以来、これまで震度3が6回観測されています。
震度2以下では注意していないとそれを体感できませんが、震度3になると地震だとわかります。

3月は本震を含めて3回でしたが、4月に入ってすでに4回、収まるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

3月15日・・震源地:静岡県東部 震度6強 M6.0

3月19日・・震源地:茨城県北部 震度5強 M6.1

4月07日・・震源地:宮城県沖 震度6強 M7.1

4月11日・・震源地:福島県浜通り 震度6弱 M7.0

4月12日・・震源地:千葉県東方沖 震度5弱 M6.4

4月16日・・震源地:栃木県南部 震度5強 M5.9

本震の震源地は三陸沖、百人町に震度3以上を記録させた震源地が全て異なっているのが気味悪いです。
今日は6月7日。4月16日以降、新宿で震度3以上の地震はありません。

7月31日・・震源地:福島県沖 震度5弱 M6.4 で震度3を観測。パリ滞在中でした。

2012年1月1日・・震源地:鳥島近海 M7.0  5か月ぶりに震度3を観測。元旦から縁起でもない。

3月14日・・震源地:千葉県東方沖 震度5強 M6.1 新宿震度3

2012年12月7日:三陸沖 震度5弱 M7.3      新宿:震度3と発表だが気持ち悪い揺れだった。

2013年11月10日:茨城県南部 震度5弱 M5.5 新宿:震度3。

2013年11月16日:千葉県北西部 震度4 M5.4 新宿:震度3.

オペラ座で

   depuis  2001

パリからです。

まず、今回震災で被災された方へ、心よりお見舞い申し上げます。

今回の出来事は、フランスでも多く報道されています。
離れていると家族のことも大変心配で、重ねてニュースなどをみているとあまりに衝撃な様子で
心がすっかり滅入っています。

昨日はもともと予定していたバレエを見に行きました。演目はCoppélia
少し気分も変えないといけないと思い・・・

オペラ座には在仏日本大使も来ており、
オープニング前に特別にお見舞いの言葉がオペラ座の方から観客に向けてありました。

義援金のお願いなどをするのかと思っていたのですが、最初の言葉だけでした。
ちょっと、がっくり。

フランス大使館発表

   depuis  2001

駐日フランス大使館は、
緊急な用のない在日フランス人に対し関東地方を離れるように勧告した。
14日夜、フランス支援隊来日。
フランス政府は在住フランス人の日本国外への脱出のための専用機を用意した。

* * *

6月18日 CDG 空港で静岡県産の茶葉から EU の規定値を超える放射性セシウムを検出したことにより廃棄処分を決定。

東北地方太平洋沖大地震で東京大揺れ

   depuis  2001

14時46分 M 8.8 、15時06分 M 7.0の地震が宮城県沖で、
15時15分には M 7.4 の地震が茨城県沖で立て続けに発生し、
東京でも、かつて経験したことのない大揺れ (震度5強) に遭遇した。

幸い、カンペール (フランス) とロンドンで買ったヒップフラスコとアテネで手に入れた彫像が倒れた程度で、絵画・陶器・ガラス製品等の調度品に被害はなかったが、損傷寸前という状況であった。

気象庁はM8.8⇒9.0に改正 (13日) 。