フランスの11月11日は。。。La Fête de l’Armistice

   depuis  2001

フランスでは11月11日は第一次世界大戦休戦記念日の祝日だ。
トロカデロと11月11日広場 Place du Trocadero et du 11 Novembre はその記念広場だ。
今年は日曜日と重なった。

第二次世界大戦でドイツが降伏した5月8日も
< La 8 Mai  La Fête de la Victoire>と呼ばれる祝日だ。

* *

ヴァンセンヌ出身の戦没者の慰霊塔への献花。このエリアは常時立ち入り禁止になっている。

ヴァンセンヌでの慰霊行事の様子。手前の市庁舎横を行進する鼓笛隊 (当列の前) 等。

広告

Eustoma grandiflorum/トルコキキョウ 

   depuis  2001

ヴァンセンヌの日曜日の朝市でトルコキキョウ Eustoma ( Lisianthus) の花を買いました。9€ でした。

原産地はUnited States Flag Mexico Flag 品種改良はJapan Flag

France Flag 27日から1泊2日でパリ北方の町 アミアン Amiens に小旅行してきます。

United Kingdom Flag ロンドンオリンピックの開会式はホテルのテレヴィジョンで22時から観ることになります。

2012.07.27.    07:30   /  Vincennes

2012.07.27.  22:46    / Amiens

ロンドンオリンピックとヴァンセンヌ

   depuis  2001

United Kingdom Flag     ロンドンオリンピック開会まで一週間となった。

ヴァンセンヌ でも所縁の出場選手を紹介する立て看板が RER ヴァンセンヌ駅前広場に置かれている。テコンドー、アーチェリー、ジュウドー。。。10名。

後方真中の木はタイサンボク  magnolia à grandes fleurs で、花が咲いている。

En route pour Londres !

En route pour Londres !   (ロンドンへ いざ出陣!)

ウインドウショッピング 8  Articles de Dessin

    depuis  2001

RER A 線の Vincennes  駅近くのデッサン用品を扱うお店のショウ・ウインドウ。
レンブラントのパステル、90色セットで148€。エキストラ・ファインとあるがそんなにするの?

Articles de Dessin

2011.07

arbre remarquable/保存樹

フランスの arbre remarquable 保存樹の一例を紹介しよう。

このようなロゴ表示を見つけたらちょっと覗いてみたら。。。

下の写真は、ヴァンセンヌの市役所前広場にある葉が紫色に紅葉するヨーロッパブナ(日本では銅ブナと呼ぶらしい) Hêtre pourpre だ。

ヨーロッパ原産でブナ科に属す。

樹高23メートル、幹回り(目通り)3.7メートルということで2011年の指定。

Saint Louis /ルイ9世

   depuis  2001

サン・ルイ島にその名が残り、シテ島のステンドグラスが最高のサント・シャペルの建設者である ルイ9世 は saint に列せられた唯一のフランス王(在位 1226-1270)である。

サン・ルイ伝に、ヴァンセンヌをたびたび訪れて
オークの木陰で民の調停をしたという記述がある。

下の写真はヴァンセンヌ城の正面右端にある Statue de  SAINT LOUIS (1906 Mony 作)。

第8回の十字軍遠征中チュニジアで病没、その遺灰がフランスに帰って700周年にあたった1971年にパリ市からヴァンセンヌ市に寄贈されたもの。

Statue de SAINT LOUIS

クリスタル・グラスのサン・ルイ。1767年にルイ15世から名前をもらって王立のガラス工場となり、1781年にクリスタルの開発に成功。
ラリック、バカラもいいが、長らく愛用しているのはサン・ルイだ。

セントルイスはアメリカ合衆国の中都市でリヨン市と姉妹都市。
セントルイスブルースはジャズの名曲。

ヴァンセンヌ城 Château de Vincennes の裏門、森の塔 Tour du Bois 前、ヴァンセンヌの森 Bois de Vincennes に面する大広場は Esplanade St-Louis と呼ばれる。

* * *

サクレクール寺院正面左にサン・ルイの騎馬像がある
(右はサン・ジャンヌ・ダルクの騎馬像)。

* * *

ヴァンセンヌ広場(大通り) Cours de Vincennes からナシオン広場への入口、王座の道に立つ王座の塔 Colonnes du Trône の右側はサン・ルイの立像だ。
左はフィリップ・オウギュストの立像。

* * *

ヴァンセンヌの荘園にあったオーク chêne の大木の下で下々の争いごとの調停をしたというサン・ルイのオーク  Chêne votif de Saint Louis 。

現在のオークは、1952年にパリ大司教/枢機卿による祝福を受けて、ヴァンセンヌの副市長によって植樹されたもので60年を越す。ヴァンセンヌ城  Châtau de Vincennes  にある。

この日も強い日差しだったが、
オークの木陰でヴァンセンヌ城の見学者が車座に座って説明を受けていた。

093

ヴァンセンヌの森は秋模様

   depuis  2001

プラタナスはまだ元気があるようですがマロニエは風が吹けばパラパラと落葉が日毎進んでいます。実ははじけて栗のような実がごろごろ落ちています。4月初めに花芽を持って芽吹き8月中旬には落葉・落実、4ヶ月少々の緑です。Bois de Vincennes-2011/08/21

…. 気がついてみれば、すでに8月も残るところあと1週間ちょっと。
ここ数日暑さがもどっていたパリも、今週から涼しくなっていくようなので、おそらく秋の気配が強まることでしょう。

フランス人もバカンスからもどってくる頃なので、お店も再開、マルシェもこれから秋にむけて活気づくことでしょう。

東京、日本はまだまだ残暑が厳しいようですが、皆さんお体にはどうぞお気をつけて・・!

エッフェル塔百態 41  シャトー・ド・ヴァンセンヌ

ようやく日が暮れた夜10時のエッフェル塔をツール・ド・フランス2011を観戦したヴァンセンヌ城前から見てみました。

左は夜通常のイルミネーション。右は10時から5分間限定のヴァージョン。

Château de Vincennes

   depuis  2001

ツール・ド・フランス Tour de France 2011-Vincennes

   depuis  2001

今年の<ツール ド フランス Tour de France 2011はヴァンセンヌ城で観戦した。

パリ大通りからヴァンセンヌ城の東端道路 Cours des Maréchaux に90度左折する内側に太陽を背にして位置取りした。

 

 

 

カーブ内側でかつアスファルト舗装から石畳への変わり目とあってもう少し手が長ければ選手に触れそうなところをトップ集団が比較的速度を落として通過して行った。シャンゼリゼ大通りでは味わえなかった臨場感だった。

この3枚がトップ集団。直ぐ後に第二集団が。ものの1分余りですべて通過。

* * *

選手通過に先立つ2時間ほど前から始まったスポンサーの街宣車から観衆に向かって振舞われた投下宣伝グッヅの内、手に入れることのできた品々。

   Tour de France 2011-Vincennes  スポンサー編

朝市で胡蝶蘭…..Vincennes

   depuis  2001

夏の花屋さんはバラ、ダリヤが主流で特に買いたい花が少ないのですが、
今日の朝市でちょっと珍しいかなと思った胡蝶蘭に出くわしたのでを買ってみました。10€ (euros) でした (右:7月19日) 。

 

花瓶は写真のようなのではなく、葉の大半が入るもっと長くて透き通った円柱のものでなければなりませんが、ROSEがこの前割ってしまいました。
蕾がまだひとつ残っていますが。。31日、1ヶ月経ちました (左:8月18日) 。

ツール・ド・フランス…..TOUR DE FRANCE 2011

   depuis  2001

 パリは暑さがやわらぎましたが、来週も最高気温が29度の日があるようなので、少し暑くなりそうです。ただ、朝と夜は気温が下がっているので、それでも過ごしやすいのですが。
ツール・ド・フランスが今年も行われます。今手元に届いた「ヴァンセーヌ市便り」をみていたら、今年は通り道になっているみたいです。ルートを確認して、24日の観戦が今から楽しみです。

* * *

ヴァンセンヌの属す VAL de MARNE 県は今年のツール・ド・フランスの最終ステージが県内のコースで行われるとあって盛り上がりを見せています。
「ヴァル・ド・マルヌ県の広報誌」での最終ステージのコース案内です。

Tour de France-1

ヴァンセンヌ市はヴァル・ド・マルヌ県に属しています。コースの北の方にヴァンセンヌ城が描かれているのを見ることができると思います。
ヴァンセンヌ市では県と共同で下の写真に見える案内垂れ幕 (横断幕) を出しています。

Tour de France-2

写真の緑は市役所前からヴァンセンヌ城の東端をパリ花公園まで続く緑地帯で、手前の道路がパリ大通りです。右にカーブしてる道を進めば市役所です。

この垂れ幕の前に立って左を向けば一直線のパリ大通りの奥にエッフェル塔が見えるわけです。 エッフェル塔百態 その5 ヴァンセンヌ

24日にはツール・ド・フランス参加の自転車群がこのポイントを通過するのです。左のアパルトマンのところでパリ道を左折しヴァンセンヌ城の東端のマレショー広場 Cours des Maréchaux を通り抜けてドメニル大通りからヴァンセンヌの森を突っ走ります。

* * *

コースの保護柵の設置が進んできました (7月21日) 。

Tour de France-3

ヴァンセンヌ城見学の観光バスが待機しているのが城の東端沿いの道路ですでに柵の設置が終了しています。中央のパリ大通りの両サイドにも柵が用意されています。当日はバスのところでパリ大通りを遮断することになります。

* * *

パリ市内に入ると一昨年と同じくシャレントン通りからベルシーを抜けてトルビアック橋でセーヌ川を渡河して右折、一昨年観戦した国立図書館前を走るようです。

* * *

いよいよ最終ステージ当日です。
天気は晴れ、予想最高気温は21度。選手にとっても観衆にとっても最良のコンディションです。今観戦地点の下見から帰ってきました。市役所前の緑地とパリ大通りとの接点を第一候補に決めました。

 

左の写真の中央の緑地前です。
コースの案内を写真で少し。

柵に沿って右から左にパリ大通りを走ってきて90度左折、手前のヴァンセンヌ城の東端道路を直進します。既にパトカーが東端道路を封鎖しているのが分かります。

右写真はパトカーの前から Cours des Maréchaux の直線コースを見たもので右側がヴァンセンヌ城になります。

* * *

本戦の様子などは次のリンクをクリックして
ツール ド フランス….Tour de France 2011-Vincennes へ進んでください。

下の写真はパリ道を90度左折して Cours des Maréchaux へ入ろうとするトップ集団です。

Tour de France 2011-Vincennes

* * *

当日の Château de Vincennes です。

Château de Vincennes-24 Juillet 2011

エッフェル塔百態 5  ヴァンセンヌ

   depuis  2001

ヴァンセンヌからもエッフェル塔を見ることができます。

パリ大通り Avenue de Paris はヴァンセンヌからパリ市内に向かって西北西に伸びていまが、そのど真ん中にエッフェル塔を望めます。

写真右手前にはメトロ1号線PA_metro_ligne_1の終点であるシャトウ・ド・ヴァンセンヌ Château de Vincennes の出入り口を示す赤い標識が見えます。また、左手はヴァンセンヌ城正門前の緑地です。

夜景はこちら。

ヴァンセンヌ/ヴァンセンヌの朝市/ジェラール・ミュロ

   depuis  2001

ヴァンセンヌ市  Ville de Vincennes の市役所  MAIRIE DE VINCENNES  。

目の前にヴァンセンヌの森に至る大きなお庭が広がっています。
真っ直ぐに約一キロメートルに及ぶ緑地になっています。

市役所庁舎の中を覘いてみましょう。
ロビーから1階への中央階段です。

見上げてみると…

結婚式場です。

地上階の中央階段の左側から見ると・・

市庁舎から前庭を見たところ。約一キロ先がヴァンセンヌの森で、右側にヴァンセンヌ城が位置する。

 

 

 

 

地上階のロビーです。ガラス窓が素敵です。窓の向こうに道路をを挟んで新市庁舎があり、オフィスのほか劇場、図書館なども入っている。

 

 

 

前庭の名称はルクレール将軍広場 Place du Général Leclerc。

ルクレール将軍 (1947年にアルジェリアで死去、45歳 元帥を追贈) は1944年8月25日にモンパルナス駅でドイツの降伏文書に署名、ヒトラーの焦土作戦指令 (パリは燃えているか? )を回避した。また、1945年9月2日に東京湾上の戦艦ミズリーの甲板で行われた大日本帝国の降伏文書調印式にフランス代表として署名している。最近顕彰碑が置かれた (左) 。ロレーヌの十字架とフランス国土の紋章 ( Insigne de la 2 e division blindée ) は<ノルマンジー上陸作戦>時のルクレール将軍率いる第二機甲師団 (自由フランス軍) のものである。パリに電撃入城したのも第二機甲師団だ。

* * *

ヴァンセンヌには火曜日、金曜日、日曜日に朝市が出ます。
今日はお花を買いました。今の季節はミモザが美しいです。

フランスでうれしいことの一つはお花が安く買えること。

おおぶりのカサブランカ、6ユーロ。とっても立派です。ユリはフランスの国花です。

今が季節のミモザは5ユーロ。

お花を生けるとすっかり家が明るくなります。

今日はお友達が<ジェラール・ミュロ Gérard Mulot >のケーキとマカロン、チョコレートを持ってきてくれました。

パッションフルーツとフリュイ・ルージュ(赤い実のフルーツ)、ピスタチオのケーキ。

マカロンは、塩キャラメルと、今月の限定ライチ、シトロン味。とーっても美味しくいただきました!
Aさん、ありがとう!

最後は日本茶を飲んでご満悦のポーズ。