ロータリーとモニュメント 55  ロシャンボー広場

   depuis  2001

ロシャンボー広場 Place Rochambeau  のモニュメントは

アメリカ独立戦争の終盤の1780年7月にフランス遠征軍の最高司令官 (当時中将) として参戦したロシャンボー元帥 Maréchal Comte de Rochambeau の立像、Fernand Hamar (1869–1943)の作 (1933) だ。
翌1781年10月、大陸軍のワシントンとともに天下分け目の「ヨークタウンの戦い」でコーンウォリス侯爵率いるイギリス軍を破った。
この戦いでは海上封鎖したグラース提督、ラファイエットの陸軍部隊も勝利に貢献した。
ロシャンボー伯爵はこの功績で「アメリカ建国の父」の一人に数えられている。
台座右横には<フランス軍最高司令官 / 1781年10月19日ヨークタウンの奪取を記念して / アメリカ独立戦争 / 1775-1782>とある。
<ガリエラ美術館>はこのロータリーに面してある。

広告