ウインドウショッピング 19  Le Bon Marché

   depuis  2001

パリのファッションデザイナーである ソニア・リキエル、 イザベル・マラン、 ジャンポール・ゴルチェ  ブランドの商品を展示 (左より右へ) している。
履いている左右のパンプス escarpin はアントウェルペンのファッションデザイナーの一人  ドリス・ヴァン・ノッテン  のブランド商品のようだ。1ユーロ100円で勘定しても、靴まで入れると一式 20万~35万円。

2012.07.24.

ロータリーとモニュメント 52  ル・コルビジェ広場

    depuis  2001

ラスパイユ大通りにセーブル通りとバビロン通りが交差する ロータリー < セーブル・バビロン>に ル・コルビジェ広場 Place Le Corbusier がある。

ブシコー公園  Square Boucicaut に面して ル・ボン・マルシェ と ホテル・ルテシア が位置する。また、セーブル・バビロンの交差点手前すぐのセーブル通りに アルニス と エルメス が向かい合っている。

写真の中央、公園の向こうに ル・ボンマルシェ Le Bon Marché 、左がセーブル通り(交差点を突き抜ける) 、右がバビロン通り、左右にラスパイユ大通り。
写ってはいないが左角にルテシア、交差点手前左にエルメス、右にアルニス。
(追)アルニスは2013年6月15日に閉店した。

Pl. Le Corbusier

広場の名称である ル・コルビジェ Le Corbusier (1887-1965)  はフランス・スイスをはじめ世界で多くの作品を残した近代建築の巨匠。スイス人だがセーブル通りに事務所を構えていた。東京の国立西洋美術館が彼の作品であることをご存知の方は多いだろう。
航空機の機体をイメージした奇抜なブラジルの首都ブラジリアの都市計画でも有名だ。

ル・ボン・マルシェ Le Bon Marché Sèvres-Babylone

   depuis  2001

「パリのクリスマス  Noël」の飾りつけ。。。今年は?

観光客の誰もが一度は訪れるであろう<ル・ボン・マルシェ>のそれは今年も同じだろうか?

隣の食品専門店<エピシエール>の賑わいはどうだろう か?

鮮魚部門の縮小などここ数年景気の低迷の影響を感じ取れる。

サンドイッチはお勧めだが対面売りはなくなってしまった。

メトロ 10号線、12号線  Sèvres-Babylone で下車。

写真下左は2009年12月の le Village Royal の Sapin de Noël  (クリスマスツリー)

パリの今…夏のセール SOLDES 始まる

   depuis  2001

東京は暑いようですが、パリも来週から暑くなりそうです。6月上旬は天気が悪かったので、フランス人もみるからに元気がありませんでした。(やけに浮かれているフランス人も嫌ですが、天気が悪くなるとより一層しかめっ面になるのも嫌ですしね)
週末に来て少し天気が回復しています。

今週水曜日から夏のセールがはじまりました。このセール、3週間くらい続くはずなので、パリにお立ち寄りの際は是非ショッピングも楽しんでみてください。

私のおすすめは、FIN DE COLLECTION っていうコーナー。たとえば<ル・ボン・マルシェ  LE BON MARCHE >  とかにあります。

今シーズンのものはたいがい3割~5割くらいの割引率ですが、このコーナーのものはその前のシーズンの売れ残りで、ずいぶんお得になっているので、運がよければ、いつもは手が出ないようなブランド物の掘り出しものに出会えたりします。

* * *

7月24日にツールドフランスも終わり、26日から夏のセールもほとんど終わりました。地元を主体の顧客としているお店も急にと言うか一斉に店を閉めいざヴァカンスへといった様子です。

パリはおのぼりさんを含めた観光客一色といった雰囲気になりました。観光客のあまり行かないところはガラガラです。