ウインドウショッピング 16  Le Passage des Princes

   depuis  2001

おはようございます。 昨日川之江に帰ってきました。
パリ・アミアン・アントウェルペン・アムステルダム等で手に入れた品々も持ち帰りました。

イタリアン大通りからリシュリュー通りに抜けるパッサージュ・デ・プランスの鉛筆屋さんのウインドウです。
このパッサージュにはプラモデル屋さん、フィギュア屋さんなどもあり楽しいです。

Fontaine Louvois / 川の女神

   depuis  2001

オペラ大通りの近く日本食店の並ぶサンタンヌ通りを入ったところ (Square Louvois) に川の女神をあしらった噴水がある。ルヴォアの噴水 Fontaine Louvois (1844) だ。
ジュール・クラグマン Jean-Baptiste-Jules Klagmann (1810-67) の作品。

フランスの4大河川である セーヌ川 La Seine・ロワール川 La Loire・ガロンヌ川 La Garonne・ソーヌ川 La Saône に敬意を表したもので、マロニエを背にそれらの女神像が美しい。
ソーヌ川はリヨンでスイスのレマン湖からくるローヌ川 Le Rhône に合流する支流なのだが、ローヌが男性名詞なのでソーヌを使っているわけだ。

女神の乗る水盤を支えているのはやはり4体の<いるかに乗ったトリトン>だ。トリトンはギリシャ神話の海神ポセイドンの息子で、波を操るホラ貝を手にし人魚のように具象される。

Fontaine Louvois

セーヌとガロンヌの女神は見えない。右の建物はリシュリュー通りに面するフランス国立図書館。

* * *

左岸からルーブル宮に渡るカルーゼル橋の左岸下流側の橋塔はセーヌ川を表象する女神像(ルイ・プティトー作の坐像 1846) だ。左手に抱えた水瓶からこぼれる水でセーヌの恵みを表現している。

アルマ広場には LA SEINE の女性像があるがとても女神には見えない。

ロータリーとモニュメント 57  オペラ広場

   depuis  2001

オペラ座の前の オペラ広場 Place de l’Opéra  には7本の道路が集まり、
常時観光バスなどで混雑している。
観光バスのいるところがカプシーヌ大通りで、オペラ広場を直角に横切る。

Opéra Garnier-5

反対にオペラ座の前から整然としたオスマン様式の建物の連担するオペラ大通りを見ると・・・

前の人だかりのところはメトロ・RERの出入り口で、その間で車の見える

左右の道路が カプシーヌ大通り Boulevard des Capucines 。左の建物斜めに Rue du Quatre Septembre 、右の建物斜めにヴァンドーム広場に至るぺ通り Rue de la Paix 。

突き当りはアンドレマルロー広場で、その向こうがルーブル宮。

Av. de l'Opéra

ロータリーとモニュメント 56  ガイヨン広場

   depuis  2001

レストラン<ドゥルーアン>の面するガイヨン広場 Place Gaillon のモニュメントは泉 Fontaine だ。建物にはめ込んだ型の (水飲み場・水道) 泉 Fontaine で、レストランの名が <La Fontaine Gaillon >だ。

写真の中央アーチの部分がフォンテーヌで、1707年に起源をもち、1828年 (MDCCCXXVIII) に改修の終わった古い泉だ。ルイ・ヴィスコンティ Louis Visconti (1791-1853) の作品。
彼は後に、モリエールの泉 (1843) やサン・シュルピスの噴水 (1848) を手掛けることになる。

Pl. Gaillon

パッサージュ Passage のクリスマス Noël

   depuis  2001

   クリスマスが近づき今年も残り少なくなりました。

北の方から連続する3つのパッサージュ

<パッサージュ・ヴェルドー Passage Verdeau >

<パッサージュ・ジュフロワ  Passage Jouffroy>

<パッサージュ・デ・パノラマ Passage Panoramas>

のクリスマス風景を紹介します。いずれも2010年のものですが…

パッサージュ・ジュフロワの中央突き当りは<Hotel Chopin>、写っていないが突き当りの右に<Musée Grévin>蝋人形館がある。

パッサージュもそれぞれ個性的で、天蓋やランプや店の看板・舗装なども各様だ。クリスマスの飾りつけも当然異なる。

メトロ8号線、9号線リシュリュー・ドルゥオーかグラン・ブルヴァールが最寄ですが、オペラから緊張感を維持しつつぶらぶら徒歩が良いかも。

* * *

(注) <IE> では画面が乱れるかもしれません。<Google Chrome> か <Mozilla Firefox>を使用して開いてみてください。

Drouant  / ドゥルーアン

   depuis  2001

日本の芥川賞にあたるゴンクール賞 (アンドレ・マルロー も受賞者の一人) の選考会場として名の通る Drouant は日本語メニューを用意しているのでお勧めだ。ただ、ヴォリュームがあるのでお腹を空かして行かれるのが良いかも。オペラ大通りを東に入ってすぐの噴水のあるガイヨン広場 Place Gaillon に面している。

写真下2枚目の中央アーチの部分が<ドゥルーアン>の前にある建物にはめ込まれた昔ながらの (水飲み場・水道) 泉 Fontaine で、レストランの名が <La Fontaine Gaillon >だ。

Droant-1Pl. Gaillon

この日注文したアントレとプラット

Drouant-2


寿芳が恋しくて。。。

   depuis  2001

夏の盛りでどうしたものかと思いつつ、とうとうパリで寿司を食べに行くことにした。お店はオペラのサンタンヌ通りにある<口悦>です。

赤坂にある高級老舗料亭とは直接の関係はありません。鮪 Thon はヨーロッパでも食べる人が増えてるようで朝市でも売っているしロンドンの日本料理屋にもありました。おそらく冷凍もので無く直接大西洋、地中海から入るのでしょう、新鮮に感じます。サーモンはなじみの魚ですがこの鮮度で店の格が分かります。<散らし寿司>と<鮪丼>を頼んでみました。先付けにヒジキの小鉢、メイン、味噌汁、おしんこ、デザートにメロンです。メロンは夕張メロンのようなオレンジタイプが主流ですが、最近は中がグリーンのメロンも市場にでまわってきました。形こそ、日本とは全く違いますが・・

以前はお寿司なんてめったに食べれないものでしたが、最近は日本食ブームもあって美味しいお魚をいただけるようになってきました。もちろん、日本とは比べられませんが・・

まだ日本は鱧の季節かな・・・

ロータリーとモニュメント 9 ヴィクトワール広場   

   depuis  2001

Place des Victoires

6本の道路が放射する円形ロータリー、ヴィクトワール広場  Place des Victoires のモニュメントはルイ14世の騎馬像だ。フランソワ・ジョゼフ・ボジオ François Joseph Bosio (1768 – 1845) の作品。
元々あった マルタン・デジャルダン Martin Desjardins (1637 – 1694) 作の騎馬像は太陽王ルイ14世のせいだろう、フランス革命後に取り壊され王政復古後に再建されたとの記録がある。

有名なパッサージュ <ギャラリー・ヴィヴィエンヌ> のすぐ近くです。
広場の周りには若者むけのオシャレなブティックも並んでいます。
以前、正面の大通り右側にある中央郵便局の前にあった<コム・デ・ギャルソン>のお店に通ったものです。

手前に抜けると<京子食品>の面する Rue de Petit Champs  で、オペラ大通りに出るまでに<十字屋><やすべえ><来々軒><口悦>など日本料理店の多いサンタンヌ通り Rue Ste-Anne を横切る。
参照 : バスで行く区役所巡り 2区

バスで行く区役所巡り 5  12区・2区・14区

   depuis  2001

今日もまた出かけてきました。よい天気でした。

12区区役所  バス 29

12e

 この前に住んでいたドゴミエ Dougommier のすぐ近くで何かとお世話になりました。

クリスマスの時期には美しいイルミネーションが施されます。
時計の上にパリの市章が付いています。
すぐ左横には歴史的建造物である旧ヴァンセンヌ鉄道の廃線敷きがあり、今は長い緑道として区民に親しまれています。

 きれいな天井画が描かれています。

 * * *

 続いてそのまま 29番 のバスで

2区区役所 バス 29

2e

monument historique 文化史跡として登録されているようです。

ちなみに、この看板?はパリ市内のあちらこちらで見かけられますが、

スタルク Philippe Starck, (1949-) のデザインによるものです。

日本では、浅草のアサヒビール・スーパードライ・・ホールのデザインで知られています。

Pl. des Victoires

区役所正面奥右側にビクトワール広場。

有名なパッサージュ <ギャラリー・ビビエンヌ> のすぐ近くです。

広場の周りには若者むけのオシャレなブティックも並んでいます。

以前、正面右側にある中央郵便局の前にあった
コム・デ・ギャルソンのお店に通ったものです。

* * *

続いて 28番 のバスで

14区区役所 バス 28

14e

昔住んでいたこともあるアレジアの近くです。すぐそばに市もたっています。時計の上にパリの市章を見ることができます。

地上階のロビーから1階へ上る階段です。

 中もきれいでした。

 

  結婚式が執り行われる、大広間

 入口のドアーに MARIAGES の文字が見えます。

 おもわず照れてしまいます。

rose

骨董市~Bd. des Italiens (オペラ界隈探索)

   depuis  2001

9区の区役所をたずねた後、偶然にも骨董市を発見しました。この時期パリ市内を巡回している骨董市で、今日はイタリアン大通りで雨のなか、40ほどのスタンドが軒を並べていました。1ユーロでガラクタのようなものから、大きな家具まで・・

骨董市の終わったところで角をまがると、もうオペラ。

ここは、フランスで最も権威のある文学賞ゴンクール賞 Prix Goncourt の選考・発表が行われるレストラン「ドルアン」。

コメディー・フランセーズ前では音楽学校の生徒たち?が街角でコンサート。
たくさんの人たちが集まってました。どこでも絵になるから、得してます、笑

ルーブル美術館前のロワイヤル広場。

メトロ1号線で帰宅、駅を出ると、あら!2011年8月末の柔道世界選手権の広告が。
いってみようかな!

家に帰ると愛猫ホーズ Rose が谷ふとん店で仕立ててもらったニャンコ用お座布団の上でお眠り。かわゆすな~・・・