ロータリーとモニュメント 36  ジョルジュ・ミュロー広場

   depuis  2001

ジョルジュ・ミュロー広場  Place Georges Mulot は掘り抜き井戸のエンジニアで起業家のルイ・ジョルジュ・ミュローの名を冠した広場だ。モニュメントはもちろん彼の掘り抜き井戸の記念碑で、
1841年に初めて湧出した<グルネルの泉>と呼ばれるものだ。
パリ子午線で有名な天文学者で偏光を発見した物理学者でもあったアラゴ François Arago がパリ市長のころのものだ。
写真の面のメダリオンのバレンティン・アユイ Valentin Haüy  は1785年にはじめての視覚障害者のための学校を創設した人物で、通りの名が Rue Valentin Haüy。モニュメントの4面にメダリオンがあるがその内一枚はジョルジュ・ミュローだ。(下の写真:転載)

広告