エッフェル塔百態 81 カルーゼル凱旋門/カルーゼル広場

   depuis  2001

カルーゼル広場のカルーゼル凱旋門 Arc de triomphe du Carrousel とエッフェル塔。

カルーゼル凱旋門はチュイルリー宮殿(1871年に焼失)前のカルーゼル広場にオステルリッツの3帝戦などでの ナポレオン・ボナパルトの戦勝 を記念して1809年に設置された。

凱旋門の頭部には当初ナポレオンが ヴェネチア Venise のサン・マルコ寺院から奪った<サン・マルコの馬 Chevaux de Saint-Marc >が置かれていたが、
王政復古後の1828年に現在のものに置き直された。

フランソワ・ジョゼフ・ボシオ  François-Joseph Bosio により彫刻(コピー)された
凱旋と勝利を表すクアリガ Quadrige (4頭立ての一人乗り二輪戦車)の
両サイドに金色で平和の女神を配す。

オリジナルのサン・マルコの馬はヴェネチア美術館にある。    ナポレオン1世の皇帝章

Germany Flag

東西冷戦時ベルリンの東西を分けた ブランデンブルグ門 にも 勝利の女神の乗った<クアドリガ>が置かれているが、この門をくぐったのはベルリンの壁が取り壊されて(1989年)間もないころだった。

各所に壁の一部が残っていて、壁のコンクリート破片がお土産として売られていたころだ。

* *

今年の漢字は「 金  」になりました。

ロンドンオリンピック2012や
至近の山中伸弥京大教授からの連想が効いていると思います。

ロータリーとモニュメント 40 ジャック・リュフ広場

   depuis  2001

シャン・ド・マルス公園 Parc du Champ de Mars の中にあるカルーゼル広場と同種のロータリー、ジャック・リュフ広場  Pl. Jacques Rueff のモニュメントは花壇だ。
100メートルx 30メートル位のスケールなので右側の一部しか写っていない。

市内観光バスや観光バスが必ず通りかつ一時停車してくれる、車窓からのエッフェル塔の撮影ポイントになっている。

バスに乗ったつもりでエッフェル塔を見れば・・・

ロータリーとモニュメント 37  カルーゼル広場

   depuis  2001

馬車の時代の名残だろう、今となっては公園管理の車などを除けば特に必要のない円形ロータリー。

カルーゼル広場 Pl. du Carrousel のモニュメントはご覧の通り。

ルーブル宮のシュリ―翼からデファンスの方向を見ている。右側がリシュリュー翼で左側がドノン翼。間の Cour  Napoléon に大小二つのピラミッド、ルーブル美術館への出入り口になっている。

リシュリュー翼の右側にリヴォリ通りが走っていてデザインと高さを統一した建物がコンコルド広場まで連担しているのが分かる。

カルーゼル広場の向こうにカルーゼル凱旋門 Arc de Triomphe du Carrousel と凱旋門 Arc de Triomphe と重なって分かりずらいが 新凱旋門 Grand Arche との3つの凱旋門が見て取れよう。