ウインドウショッピング 19  Le Bon Marché

   depuis  2001

パリのファッションデザイナーである ソニア・リキエル、 イザベル・マラン、 ジャンポール・ゴルチェ  ブランドの商品を展示 (左より右へ) している。
履いている左右のパンプス escarpin はアントウェルペンのファッションデザイナーの一人  ドリス・ヴァン・ノッテン  のブランド商品のようだ。1ユーロ100円で勘定しても、靴まで入れると一式 20万~35万円。

2012.07.24.

ウインドウショッピング 18           Louis Vuitton de l’avenue des Champs-Élysées

   depuis  2001

猛虎宰相クレマンソーの亡くなった1929年に生まれたファッション・デザイナーの 草間 彌生 (画家・彫刻家) は例の水玉模様でルイ・ヴィトンとコラボレートしています。

<ラ・フェルメット・マルブフ1900>で食事した後、BVLGARI / George V、HERMES / George V や LOUIS VUITTON / Champs-Élysées の ウインドウショッピング を楽しみました。

写真の上段は、ルイ・ヴィトン本店のシャンゼリゼ大通りに面する大型ショウウインドウ。
下段は、ジョルジュ・サンク大通りに面するウインドウ。
なかなかの人気のようで日本人に限らず多くの観光客がカメラを向けていました。

2012.08.04.

ウインドウショッピング 16  Le Passage des Princes

   depuis  2001

おはようございます。 昨日川之江に帰ってきました。
パリ・アミアン・アントウェルペン・アムステルダム等で手に入れた品々も持ち帰りました。

イタリアン大通りからリシュリュー通りに抜けるパッサージュ・デ・プランスの鉛筆屋さんのウインドウです。
このパッサージュにはプラモデル屋さん、フィギュア屋さんなどもあり楽しいです。

ウインドウショッピング 15  Van Cleef & Arpels

   depuis  2001

ヴァンドーム広場のVan Cleef & Arpels。反射で写っている写真左端が リッツ Ritz で改装工事中、まだしばらくかかる。右端のディオールも工事中。
オーステルリッツの三帝戦を制したナポレオンの立像が、中央に見える戦利品で建造した円柱 Colonne の上からカスティリオーヌ通り(Dior の左) を通してチュイルリー公園を望む。

Van Cleef & Arpels / Pl. Vendôme

ウインドウショッピング 13  オメガ OMEGA

コンコルド広場とマドレーヌ広場間、ロワイヤル通りにあるRoyal Quartz  の ウインドウ。

オリンピックのオメガ を アピール。

オリンピック LONDON  2012は終わったが、ヴァカンスで休業とあってウインドウはそのまま。

.

   depuis  2001

ウインドウショッピング 11            Le Louvre des Antiquaires-2

   depuis  2001

ツール・ド・フランス 2012 最終ステージ  la 20e étape はテレビで観戦することにした。
来年の 100回大会はシャンゼリゼで是非。。。
Le Louvre des Antiquaires で見れる豪華なピアノ。

ウインドウショッピング 10            Le Louvre des Antiquaires

   depuis  2001

昨日、食事と両替がてらオペラ界隈に出かけたついでに Le Louvre des Antiquaires に寄ってみました。景気はますます悪くなっているようで、これまでに無くブースの空きが目立ちました。120年前のクリストフルの燭台、1900年のバカラ、うっとりしてしまいます。

昨日のパリは最高温度28度と今夏最も暑い日だったそうですが、日陰だと肌寒い陽気で、東京では考えられない過ごしやすさでした。パリ祭も終わりヴァコンスが始まっていますが、観光客を含め多くの人が街中に出て賑わっていました。

Le Louvre des Antiquaires

ウインドウショッピング 9  Egon Schiele

    depuis  2001      Austria Flag

2005年から2006年にかけてグラン・パレのナショナル・ギャラリーで催された「クリムトやシーレ等ウイーンの4画家展」に行った娘からシーレの絵葉書 Nu à la pantoufle à carreaux (1917) をもらってファンになった。

パッサージュ・ジュフロワ Passage Jouffroy  の古美術書店で エゴン・シーレ Egon Schiele (1890-1918) のリトグラフを見かけた。(クリムト、ゴッホ、ムンクの影響を受けた。スペイン風邪で若死。)オリジナルの20枚綴りで350€、旧価格800€とある。お買得のようだが。。。

2010.12

ウインドウショッピング 8  Articles de Dessin

    depuis  2001

RER A 線の Vincennes  駅近くのデッサン用品を扱うお店のショウ・ウインドウ。
レンブラントのパステル、90色セットで148€。エキストラ・ファインとあるがそんなにするの?

Articles de Dessin

2011.07

ウインドウショッピング 6  Mariage Frères

  depuis  2001

マリアージュ・フレール Mariage Frères はギャラリー・イグレック/カフェ・アン・キャンズで使用している紅茶です。なかでも マルコ・ポーロ を お勧めしています。

写真はマリアージュ・フレールのサン・ジェルマン・デ・プレ店で、右側がお店で左側が喫茶になっています。

マドレーヌ店。確か1階(日本の2階)が喫茶になっています。

 

ウインドウショッピング 5  Viaduc des Arts

   depuis  2001

古地図の修復や彩色を専門とするお店がヴィアデュック・デザール Viaduc des Arts にある。旧ヴァンセンヌ鉄道の高架下で、上はプロムナード・プランテだ (写真下) 。

写真の地図は Plan Roussel と呼ばれる1730年のパリの都市計画 Plan de Paris 図だ。

元の白黒の地図に手書きの彩色を施したもので、値段は3020ユーロ、内訳は白黒の原画355€、手書きによる彩色2050€、裏張り320€、フレーム295€ だそうだ。

Plan Roussel(1730)

当時のパリ市街地のスケールが西端をアンヴァリッド東端をバスティーユとする円形だったこと、近郊ではセーヌ川右岸でエトワール、ロンポアン、シャンゼリゼ大通り、トロン広場 (ナション) 、クール・ド・ヴァンセンヌ、パリ大通りなどが既にプランされていることが窺える。さらにセーヌ川左岸ではイタリア広場、ダンフェール・ロシュロー広場、ブルトゥイユ広場、シャン・ド・マルス等のプランが見て取れる。
Viaduc des Arts
高架の左方向がバスティーユ広場、並行して走る道路がド-メニル大通り Avenue Daumesnilでトラス橋の下を左右に横切るのがディドロ大通り Boulevard Diderot。
大通りの名となっている Diderot はダランベール d’Alembert とともに百科全書派と呼ばれる啓蒙主義の思想家で後のフランス革命に大きな影響を与えた。
ディドロ大通りを右に行くと Nation で放射道路の一つに同時代を代表する啓蒙思想家ヴォルテール Voltaire の名を冠したヴォルテール大通り Boulevard Voltaire がある。

この日は丁度骨董市 ANTIQITE-BROCANTE が開かれていた。

ウインドウショッピング 4  MAXIM’S

   depuis  2001

MAXIM'S

マキシムはその昔、パリの社交界での待ち合わせの場所。

あれは最近読んだ本の中で、題名は忘れたがマキシムを訪れたチャップリンがマキシムへいって、とても可愛い人がいたので、「誘いたいんだけど」とお友達に相談をしたら、
「彼女に声をかけたら高くつくぞ」っと忠告されたとかいうエピソードがのっていた。
(声をかけたのは高級娼婦だったのだ)
あれは何の本だったか・・

今はピエール・カルダンの所有になっている。

***

建物の中には、アールヌーボーの美術館もある(未訪問)。

今<ミュシャ>のポスターでも有名なフランスの女優サラ・ベルナールの展覧会をやっている(3/15日まで)
詳しくはこちらから。

ウインドウショッピング 3  HERMÈS

    depuis  2001

HERMÈS

エルメスのウインドウはいつも素敵なアイディアでいっぱい。
左岸のエルメスはインテリアを中心にしているので、またちょっと違った感じのディスプレイになっています。
中にはいるのは勇気がいりますが・・・・・・・

***

反射がきついですが、向かいの ARNYS が写っています。    2012.0724.

* * *

ノエル・ヴァージョンです。   2012.11.16.

HERMÈS

ウインドウショッピング 2  ARNYS

   depuis  2001

ARNIS

左岸のエルメスといわれるARNYS。今はお店の前にエルメスができましたが、昔はありませんでした。
紳士服がもう最高に素敵。日本では俳優の辰巳琢郎さんなどがよく立ち寄られるそうです。

メトロ10号線、12号線   Sèvres Babylone 下車。

ウインドウショッピング 1  HEDIARD

   depuis  2001

HEDIARDE

HEDIARDE

マドレーヌ広場にFOCHONとともにブティックをかまえるエディアールは、
フランスの植民地時代に、さまざまな国の食物や香辛料をとりあつかったのがはじまり。
まだ青いフルーツを生産者から購入し船にのせて輸出するやりかたで商売を広げ、
パリ万国博覧会が行われたころに大きく発展して、1880年に
今のマドレーヌ店をオープンしたのだそう。2階にはサロン・ド・テもあるのですが、まだ行ったことがありません。

閉店していることに気が付きました。2017.08.

アルニス ARNYS

   depuis  2001

パリの滞在ものこすところ2日。今日の午後は左岸でウインドウ・ショッピングをおもいっきり楽しんできました。

エルメスはクリスマスシーズンを前に素敵なサパン Sapin (クリスマスツリー・樅の木) が店頭に並んでいて、そのセンスに毎回脱帽。ため息をだしながらお店も一応ぐるっと一回り。
いつもよりクリスマスシーズンを前にプレゼントを求めるお客様がたくさんはいっている。
パリにはやっぱりこういうところでさらっとプレゼントを選ぶお金持ちがいるのだなーと、なんだか感心?してしまう。

エルメスのお店をみた後は、便乗してとおりをはさんで正面のアルニスにはじめて入店。いつも文字通りウインドウショッピングだけだったのだが、初めてはいったお店は意外にも奥が広い。日本人のスタッフの方もいるので気軽に商品について質問ができる。
アルニスは独特の色使いで<右岸のエルメス>、<左岸のアルニス>と知る人ぞ知る名店。
お店には次々と年配の顧客の方が来店しており、どの方もしっかりとアルニスのお洋服を着こなしていて本当に素敵だった。

チョイ悪オヤジだなんだというけれど、本当のダンディズムが似合う男性はアルニスのお洋服で決めてもらいたい。そのくらい、素敵。。。

何も購入せずとも、心が大変充実した一日でした。