エッフェル塔百態 79  大河の泉/コンコルド広場

   depuis  2001

ノエルと新年に向けての準備が整い、
多くの観光客とパリ市民で賑う薄暮のコンコルド広場から見るエッフェル塔。
手前に写っているのは、
広場にある二つの噴水のうち<大河の噴水 Fontaine des Fleuves>と呼ばれるもの。

広場の設計をしたのは アンジュ=ジャック・ガブリエル Ange-Jacques Gabriel (1698-1782) だが、オベリスク/クレオパトラの針を挟んでセーヌ川側の<海の噴水  Fontaine des Mers >と対で噴水を配置した(1836)のは ジャック・イニャス・イトルフ  Jacques Ignace Hittorff (1792-1867) だ。パリ1区と5区の区役所、パリ北駅、フランツ・リスト広場の Église Saint-Vincent-de-Paul も彼の作品。

* * *

昨25日の昼は<フェルメット・マルブフ 1900>で星川君のパリ個展の成功裡での終了を祝した。来月のノエルまで暫しパリとお別れだ。

広告

人気の15ユーロ/アミアン Amiens

   depuis  2001

アミアン大聖堂横手のソンヌ川沿いのレストラン街の一軒でのサラダ。
多数の人が注文していたのでつられてみることにした。

スカンピ、ガンバ、サンジャックにイチゴ、スイカ、ドライトマト、ブラッドオレンジ、パイナップルとベビーリーフにメールアリコ。
中央凹の大皿からこぼれんばかりの盛り付け、食べても食べてもまだまだ。。(北海道を思い出してしまった。) 。

Belgium Flag  ベルギー Belge の Affligem の生ビールの大ジョッキも美味しかった。

United States Flag  この日の夜半にはハワイのスコールを思わせる雷雨があった。パリを含むフランスの広域で雷雨があったようだ。

2012.07.27.

SOLA par HIROKI 一つ星

   depuis  2001

2月27日、ミシュランの2012年版が発表されて、先日いったレストラン、SOLA par HIROKIが一つ星を獲得したようです。そのほかの情報はこちらの記事から。
フランス語ですが、レストランの名前をは表示されているので参考になるのでは。
良心的なお値段に質の高い料理とくれば、パリでも予約がこれからとりにくくなるかもしれませんね。

Épiphanie 公現祭 / ガレット・デ・ロワ

   depuis  2001

  1月8日は<エピファニア  Épiphanie>。         クリスマスが終わり年があけると、パン屋さんやパティスリーには<ガレット・デ・ロワ galette des rois>が並び始めます。

***

フランス語をはじめると教科書などにもこの行事はのっているので、ご存知の方も多いかも。私もうろ覚えだったのですが、再度教えてもらったところ、
家族の中で一番年の小さい子供に目隠しをさせて、大人の誰かがこれを切り分け、その子供がガレットを食べる人の名前を次々と指名していき、食べたガレットの中に豆 (今は陶製やプラスチックの人形) がはいっていた人が王冠を被り、幸運が1年間つづく、といわれている縁起ものです。

ガレット自体はアーモンドクリームがはいったパイ菓子でサクサクっとしていてなかなか美味しいです。

色々な手作りの模様が・・王様の冠も、もちろんレジでもらえます。

こちらは<モノプリ Monoprix>などスーパーで売っているタイプ。冠もセットでプラ容器入り。

エッフェル塔百態 42  サン・ジェルマン・アン・レー城

   depuis  2001

 サン・ジェルマン・アン・レー城の東端<パヴィヨン アンリ4世>横からのエッフェル塔だ。

Pavillon Henri Ⅳは太陽王ルイ14世が生まれた館 (写真下) として知られる。
週末をサン・ジェルマン・アン・レーで過ごしたり引退して近隣に住む富豪などが数多く出入りするため予約なしで食事を取るのは難しい。

Tour Eiffel - St-Germain-en-Laye

橋が架かっているのがセーヌ川。その向こうの超高層ビル群がデファンス。四角い箱抜きの新凱旋門<グラン・アルシュ>も見える。エッフェル塔は右端小高い丘陵の向こうに望める。

パヴィヨン・アンリ4世

* * *

上の「パヴィヨン・アンリ4世」を右へお城に沿って大庭園を歩くと劇場があるが、その左横の<ブラッスリー・テアトル>の焼フォアグラは絶品だ。これまではトゥールーズ Toulouse の<ブラッスリー・トゥール―ジャン>がお気に入りだったが、これからは近場のサン・ジェルマン・アン・レーにしよう。
2017.08. 味が落ちました。

初秋の味覚、セップ茸 (ポルチーニ) / Cèpe

   depuis  2001

今日は朝マルシェに行くと、セップ茸(Cèpe)を発見!

去年よりも少し早いような気がします。

日本ではなかなか新鮮なセップを食べる機会はないですし、なんといっても旬の食材なので早速購入。

きれいにゴミをとって、バターでソテーしいただきます。

ウィルソンの朝市

   depuis  2001

Marché Iéna -Président Wilson-2

数ある朝市の中で<ウィルソンの朝市 Marché Iéna -Président Wilson >はダントツだろう。
パリに長い友人が言っているのだから間違いなかろう。

魚にしろ肉にしろ花にせよ鮮度はル・ボン・マルシェの<エピシエール>より良いし場所も申し分ない。

アクセスはメトロ9号線の Iéna もしくは Alma Marceau で下車。バスなら 72番 。

水曜日と土曜日の午前中のみ。

ロータリーとモニュメント を参照。

* * *

この日は、ワインのおつまみにとオリーブを買ってきました。ここのオリーブはプラザアテネでシャンパンを注文するとついてくるオリーブと同じでないかと思うくらい美味です。

* * *

今日は三ツ星レストランのシェフも買いに来るという< Poissonnerie  LORENZO > で小鯵を買いに来ました。

ヴァコンスとあって出店数、品数とも少ないようで目当ての鯵はありませんでしたが、海老とサーモンの良いのがあったので買うことにしました。