新年 2013 年 1 月 1 日より<ギャラリー・イグレックの日記帳-2>に移行。

   depuis  2001

<ギャラリー・イグレックの日記帳-1>は 12 月 31 日付の記事をもって終了します。

明、新年 1 月 1 日からは <ギャラリー・イグレックの日記帳-2> をご覧ください。

2015 年 9 月 1 日からは<ギャラリー・イグレックの日記帳-3>をご覧ください。

2018 年 2 月 1 日からは<ギャラリー・イグレックの日記帳-4>をご覧ください。

http://galeriey2.wordpress.com/

 ROSE-STAR

広告

コンコルド広場の Sapin de Noël

   depuis  2001

背後はチュイルリー公園で、建物はオランジュリー美術館。

057

2013.01.06.には撤去作業が始まっていた。街中でもサパンの片付が始まっている。

トラムウェイ/T3a & T3b Porte de Vincennes

   depuis  2001

トラムウェイが ポルト・ド・ヴァンセン ヌ Porte de Vincennes にやってきた。
パリ道から一直線でクール・ヴァンセンヌに繋がる Porte de Vincennes に T3 (T3a & T3b) のターミナルができ、12月15日から供用を開始した。

写真は T3a のポルト・ド・ヴァンセン ヌ駅に停車中の車両で7両連結。M とあるのがメトロ1号線の Porte de Vincennes 駅への乗換え口。 T3bにも連絡している。
Cours de Vincennes を挟んで対称に (右側に)  T3b の駅がある。写真の方向はナシオン。

Tramway T3a

070

* * *

今日は金曜日でしたが、お友達を招待して恒例の忘年会をしました。
日本から持参したミツバとショウガを使った明石焼き、高野豆腐、白身魚の南蛮漬け、カリフォルニヤ・ロール、ミニ御節などに頂いた数種のチーズとスパークリングワインを合わせました。デザートはこれもいただいた<パン・ド・スクレ PAIN DE SUCRE>のケーキと<ネスプレッソ>で締めました。綺麗なお花もいただきました。

フェルメールの展示/アムステルダム国立美術館

   depuis  2001

Netherlands Flag

アムステルダム国立美術館は4点のフェルメール Johannes Vermeer (1632-75) を所蔵しているが、写真はその展示の様子。額縁はすべて異なる。

左から<小路><牛乳を注ぐ女><青衣の女>、写っていないがその右に<恋文>(写真下)。何気に展示されているのが良い。

<恋文>

<レースを編む女 La Dentellière (1669-71) >

Roue de Paris

   depuis  2001

ノエルの一環でパリの観覧車は、今、コンコルド広場にある。
Roue de Paris パリの歯車 (車輪) とある。

ロンドンでは目に見え、パリでは車輪に見える。
アントウェルペンではダイヤモンドに見えるらしい。

右側が凱旋門で左がチュイルリー公園。
左に見える馬の彫像は アントワーヌ·コワズヴォ Antoine Coysevox  (1640 – 1720) 作の<ペガサスに乗るメルキュール  Mercure monté sur Pégase (1699 – 1702) >。

Morocco Flag Maroc

Balançoires traditionnelles

モロッコのマラケシュ Marrakech の博物館で、
観覧車はアラブに起源を有するという説明を目にした。写真がそれ: 伝統のブランコ balançoires traditionnelles : で、この実物が展示されていた。

何よりも水が貴重な国の伝統のスパ(スーペリア)での4連泊は王侯貴族の気分を味わえて最高だった。お風呂も。モロッコの公用語はフランス語。フナ広場でその後乱射事件があった。

なお、カフェ/アン・キャンズでプリンに使用しているグラスはマラケッシュのもの。

パリの街燈 réverbère 15  ポン・ヌフ

   depuis  2001

セーヌ左派流のポン・ヌフと右派流のポン・ヌフ (1578-1607) の街燈。

騎馬像はアンリ4世で、シテ島の下流端近くにあリ上流を向いている。

手前の2つと奥の街燈との違いが分かる。

アンリ4世 (在位:1589-1610) の騎馬像は François-Frédéric Lemot (1772-1827) の作品。

ロータリーとモニュメント 76  コロネル・ブルゴワン広場

   depuis  2001

シャラントン通りをはじめ6道路の集まる12区の コロネル・ブルゴワン広場 Place du Colonel Bourgoin のモニュメントは噴水と四角い街燈だ。
大佐の付く広場には他に コロネル・ファビアン広場 がある。

ブルゴワン大佐  Pierre-Louis Bourgoin (1907-70) は第二次大戦時に自由フランスのシリア戦線やノルマンジー上陸作戦の空挺部隊で活躍した英雄で、戦後は第5共和国の12区選出下院議員を4期12年務めた。

パリの街燈 réverbère 14  ヴォ―ジュ広場

   depuis  2001

パリで一番古い広場 (1612) であるヴォ―ジュ広場 Place des Vosges の街燈は懸垂式。
落葉の進んだマロニエの秋色と背後の建物との調和がいい。

広場 (4区) と建物 (3区) の間の道は、左へ マレ地区 Le Marais の目抜き通り フラン・ブルジョワ通り Rue des Francs Bourgeois に繋がる。「フラン・ブルジョワ」の名は、市民税を払わないくて済むほど貧しい第三身分の平民 (ブルジョワ) をこう呼んでいたことによる。中産階級の人々が住んでいたという意味ではない。

エッフェル塔百態 82  アンドロ・シトロエン公園

   depuis  2001

ヨーロッパ病院  Hôpital européen Georges-Pompidou (2001) からのエッフェル塔。

撮影位置は ジョルジュ・ポンピドー病院 の玄関を入ったところで、緑の向こうがアンドレ=シトロエン公園 Parc André-Citroën の導入部で左手にセーヌ川に面する公園が開ける。

公園内に入ったところからセーヌ川を望む (奥の建物はセーヌ右岸) 。手前には大規模なカスケードと噴水があり子供たちの夏の格好の遊び場になっている。

パリのどこかでバルーンを見たらそれは写真の「 Air de Paris 」で、アンドレ=シトロエン公園から上がっている。

パリの街燈 réverbère 13  ルーブル宮

 

   depuis  2001

ルーブル宮 Palais du Louvre に面する街燈には頭部に十字が付いている。
ナポレオンの中庭 Cour Napoléon。
背後はドノン翼のモリアン館。
パヴィリオン Mollien の外壁は科学をテーマにした彫刻で覆われているが、左に半分だけ見えているのは<歴史と真実 L’Histoire et la Vérité>という  Pierre Loison による1857年の作品。

エッフェル塔百態 81 カルーゼル凱旋門/カルーゼル広場

   depuis  2001

カルーゼル広場のカルーゼル凱旋門 Arc de triomphe du Carrousel とエッフェル塔。

カルーゼル凱旋門はチュイルリー宮殿 (1871年に焼失) 前のカルーゼル広場にオステルリッツの3帝戦などでの ナポレオン・ボナパルトの戦勝 を記念して1809年に設置された。

凱旋門の頭部には当初、ナポレオンが ヴェネチア Venise のサン・マルコ寺院から奪った<サン・マルコの馬 Chevaux de Saint-Marc >が置かれていたが、
王政復古後の1828年に現在のものに置き直された。

フランソワ・ジョゼフ・ボシオ  François-Joseph Bosio により彫刻 (コピー) された
「凱旋と勝利を表すクアリガ Quadrige ( 4頭立ての一人乗り二輪戦車 )」の
両サイドに金色で平和の女神を配す。

オリジナルの<サン・マルコの馬>はヴェネチア美術館にある。 ナポレオン1世の皇帝章

Germany Flag

東西冷戦時ベルリンの東西を分けた ブランデンブルグ門 にも 勝利の女神の乗った<クアドリガ>が置かれているが、この門をくぐったのはベルリンの壁が取り壊されて ( 1989年 ) 間もないころだった。
各所に壁の一部が残っていて、壁のコンクリート破片がお土産として売られていたころだ。

* *

今年の漢字は 「 金 」になりました。
ロンドンオリンピック 2012 や至近の山中伸弥京大教授からの連想が効いていると思います。

山中京大教授の買ったチョコ

   depuis  2001

Sweden Flag

現地時間で10日、ノーベル賞の授与式と晩餐会・舞踏会が催された。

写真は医学生理学賞を受賞した京大の山中伸弥教授が
1000枚購入したと報道されたチョコレート。

Nobel

ALFR NOBEL      1833-1896     と刻印。

このチョコは2006年の8月にストックホルムへ行ったときに購入したもの。
晩餐会の催された市庁舎のホールやの舞踏会の行われた黄金の間 (階段を昇ったところ) で
たばこ好きのフランス人のガイドからノーベル賞についての説明を受けたことが思い起こされます。

ロータリーとモニュメント 75 フランツ・リスト広場

   depuis  2001

いまだ彼を凌ぐピアニストはいないといわれるフランツ・リスト Frantz Liszt (1811-86) の名を冠したロータリー 、フランツ・リスト広場 Place Franz Liszt のモニュメントは円形の植え込みと 新古典様式のサン=ヴァンサン・ド・ポール教会 St-Vincent de Paul 。
ラ・ファイエット道りを初め7道路が集まる。

<La Campanella >の演奏で一躍有名になった頃、フジコ・ヘミング とCDG空港 (ロワシー空港) でたまたま話をする機会があった。以降、彼女のアルバムはすべて手に入れたし、リトグラフを買ったりもした。

1830年代前半パリにいたころ、ショパン (1810-49) の 「12の練習曲 作品10 」がリストに献呈されているが、これだけは楽譜を見てすぐには弾きこなすことができなかったという逸話がついている。

メトロ 7号線  ポワソニエール Poissonniere 下車。

ロートレック/オルセー美術館

   depuis  2001

改装なったオルセー美術館にロートレックを見に行った。
写真撮影がフラッシュなしでも禁止となったようだ。が、携帯で撮っている人は少なくない。
美術館ビジネスは日本程ではないにせよ世界中に蔓延している。有名どころはどこも人であふれていて昔のようにゆっくり見とれているというわけにはいかない。
学生や絵心のある人が模写している風景もあまり見かけなくなった。

メインの大作を二枚。これらは、                     2012.08.05.
いずれも1895年の トロン・フェア Foire du Trône での La Goulue (1866-1929) のブース正面を飾るパネルとして制作したもの。
分割された (1926) パネルの復元 (1930) 跡が痛々しい。
上のパネルは、「ムーランルージュでのダンス La danse au Moulin Rouge」、「La Goulue et Valentin de désossé(ダンサー)」、下のパネルは「ムーア人の踊り La danse mauresque」等と個別に呼ばれる。踊り手は何れもラ・グリュだ。

* * *

17時18分 新宿で震度3を観測。震源地は三陸沖で、最大震度5弱、マグニチュード 7.3 と発表。気味悪い揺れで、震度3強という感じだった。

ノエル Noël の装飾                 ラ・ぺ通り・ヴァンドーム広場・カスティリオーヌ通り

   depuis  2001

ヴァンドーム広場を中心としてオペラに向かうラ・ぺ通り、チュイルリー公園に向かうカスティリオーヌ通りは電飾部材を各種に組み合わせた飾り付けで統一されている。

写真はヴァンドーム広場の様子で、広場に置かれた大きな集合飾りと、パーツを自在に組み合わせた左から宝石店 < Mauboussin> , <Chanel>, <Piaget >の装飾例を見れる。
右端はシーザー風ナポレオンを頂く Colonne の基部。

ショパン最後の家だった現< CHAUMET >の例 (右端) 。左端は PIAGET。
テントは据付け工事用の仮設。

ルイ14世騎馬像/ヴェルサイユ宮殿

   depuis  2001

前回来た時には宮殿の中庭にあったルイ14世の騎馬像が2006年から3年間の修復作業を経て前庭に移されていた。朝靄で霞んでいるが左手奥が ヴェルサイユ宮殿 Châtau de Versailles 。

Pierre Cartellier (1757-1831) と Louis Petitot (1794-1862) の合作。
馬を ピエール・ Cartellier が、ルイ14世を ルイ・プティトーが彫像し 、
Charles Crozatier (1795-1855) がブロンズに鋳造した (1829) 。

最初は、コンコルド広場にあって革命後破壊された Edmé Bouchardon (1698-1762) 作のルイ15世の騎馬像を作り直す予定だった (1816年にルイ18世が指示) ものが、
途中でルイ14世の騎馬像に変更された経緯がある。

ノエル Noël の装飾                  ロワイヤル通り・マドレーヌ広場・サントノレ通り

   depuis  2001

ロワイヤル通り Rue Royale を中心に同一の飾りつけがされている。

写真はロワイヤル通りから東にサントノレ通りに入ったところにある< ロンシャン Longchamp >の例だ。ここでは3基が使用されている。左方向がロワイヤル通り。

Noël / Longchamp

エッフェル塔百態 80 オベリスク・海の泉/コンコルド広場

   depuis  2001

11月24日17時24分薄暮のコンコルド広場からのエッフェル塔 Tour Eiffel 。

ヒエログリフ (神聖文字) のオベリスク Obélisque / Obélisque de Louxor を右に、
そして左には海の泉 Fontaine des Mers  。

エッフェル塔は点灯したばかり。オベリスクはその前からライトアップされている。

Tour Eiffel / Obélisque / Place de la Concorde

* * *

Hong Kong Flag もう20年以上も前になりますが、香港の夕焼けと夜景を想い出します。最近の様子を知りたいものです。
Philippines Flag  35年も前ですが、マニラの夕日には感動しました。