Le Corbeau et Le Renard / カラスとキツネ

   depuis  2001

マルモッタン・モネ美術館の先のラヌラグ公園 Jardin du Ranelagh に
<カラスとキツネ>のブロンズ像がある。

17世紀のフランスの詩人・寓話作家であり劇作家でもあったジャン・ド・ラ・フォンテーヌ Jean de La Fontaine (1621-95) がイソップの寓話を書き換えたものの一つだ。
イソップではカラスがくわえているのは肉片だが、ジャン・ド・ラ・フォンテーヌではチーズだ。それを見守るマントを羽織った人物は勿論作者本人だ(マントは今年流行のファッションらしい)。
ブロンズ像はポルトガル生まれの彫刻家 シャルル・コレイア Charles Correia (1930-88)の作品<ジャン・ド・ラ・フォンテーヌに捧ぐ Hommage à Jean de La Fontaine >で、1983年に設置された。

ラヌラグ公園は1860年にオスマン男爵によって造成された。
メトロ最寄駅は9号線 ラ・ミュエット La Muette 。バスなら63番のバス停が美術館前にある。

マルモッタン・モネ美術館 Musée Marmottan Monet はモネのジベルニーのアトリエの<睡蓮>の大型習作を主に収蔵している。
邸宅そのものにも見ごたえがある。
美術館の外観は写真の通りで、右に歩けばラヌラグ公園はすぐそこだ。
美術館に行ったら是非寄ってみよう。

広告

Le Corbeau et Le Renard / カラスとキツネ」への5件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中