新宿箱根山被災

   depuis  2001

久しぶりの早朝散歩で箱根山に行ってきた。
都立戸山公園にある箱根山は標高 44.6m で山手線内で最も高い地点として知られている。
江戸時代に尾州徳川家の下屋敷のあったところで 44.8 ha の広さがあった。そのうち18.7 ha が公園として姿を変えているのだが当時の面影を残しているのはこの人造の築山<箱根山>だけだそうだ。
公園面積の大きさは新宿御苑の約三分の一、ヴァンセンヌの森の 1.8 %である。

このたびの東日本太平洋沖大地震で頂上に亀裂が入ったようで、立ち入り禁止となっているのには驚いた。
中央ハレーションを起こしているところが頂上。敷石に亀裂が生じたらしい。

ここ数日気温が低く特に早朝はすがすがしく散歩している人が多い。

広告

新宿箱根山被災」への1件のフィードバック

  1. inouerose 2011年6月12日 / 01:17

    ここは母校都立戸山高校の運動系クラブのジョギングコースでしたが、縁がない私はいったことがなかったので、是非今度帰国の際は散歩にいきたいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中